ブログトップ

福福菜園

fuku2saien.exblog.jp

トロ箱栽培で支柱をガッチリとめる方法~こんなのいかが。

リンゴが入ってたトロ箱(発砲スチロールの箱)は

キュウリの栽培やピーマンの栽培に使えたり軽いですし

土も結構はいるので重宝してます。

特にキュウリは根が浅いところに広がるので

面積の広いリンゴのトロ箱は、なかなかいい感じです。

キュウリの栽培には支柱を使いますが

トロ箱に150cm以上の長い支柱を突き刺すと結構グラグラ・・・

去年はキュウリの重みでぐらついてしまいました。

そこで、ガッチリ支柱をとめる方法~って大した事はないですけど



材料:結束バンド


100円ショップでも、おなじみですが太さが色々あり

固定できる長さも違うようです。

ちなみに今回は6cmまで固定できる結束バンドを使いました。


ピーマンの支柱ですが・・・
a0276821_17155284.jpg


こんな感じで、結束バンドをトロ箱に挿します。

穴をあけなくても刺すことが出来るので、楽チンです。


こんな感じで四隅をガッチリとめてから
a0276821_17171234.jpg


ぐっと、寄せて頂点を縛ると(この時も結束バンド使うといいかも)
a0276821_17175186.jpg


ぐらぐらしない、キュウリのオベリスクができます。

結束バンドがペラペラでちゃうのですが、一番上をまとめてから

切るといいと思います。

緩みが出たときにまた締めることができるので。


全然グラグラしないので、お薦めでございます。

ポリポットやプランターに穴をあけても、これは使えますが

小心者の私は、プランターに穴をあけることができませんw




思い切ってランキングにチャレンジしました。
よろしければ、ポチりお願いします。
にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
[PR]
by fuku-fukusaien | 2012-06-05 17:22 | その他
<< 星型キュウリができました。 落花生は袋栽培には不向きだった... >>